今や身近な存在になりつつある事故物件!そんな事故物件の買取に関する基本を詳しく解説

こちらのサイトは、近年身近な存在になりつつあるといわれているいわくつき物件でもある事故物件の買取に関しての基本的な知識を分かりやすく解説することにしましょう。
仲介業者の場合は、一般的なお客さんが対象になるのでいわくつき物件は流通が難しいのですが、このような不動産を専門にしている業者も存在しており一般的にはこのような会社に売却するケースが多いのです。
また、仲介業者の中には特殊な物件も得意にしている会社もあるので相談されると良いでしょう。

今や身近な存在になりつつある事故物件!そんな事故物件の買取に関する基本を詳しく解説

事故物件と一口にいっても、殺人や自殺などのような死者の出た物件もありますし事件性がない事故や孤独死などもある、さらに近隣に反社会的勢力の事務所が有ったり交通量が多い通り沿いにあるなど、心理的瑕疵や物理的瑕疵などの種類に分類されます。
基本的に、事故物件は買取業者を利用すれば売却は可能になりますが、そのままの状態では転売ができないことから買取価格は市場価格と比べると下がる傾向があることを把握しておきましょう。

まずは事故物件の定義を確認しておこう

事故物件と呼ばれる住宅がありますが、この定義に関しては国が定めたガイドラインというものがあり、以前は病死や自然死でも事故物件に該当していましたが、現在では事件事故による死亡者が出てしまった物件が当てはまります。
例えば殺人事件が起きた住宅や、火災によって焼死した方が出た住宅などが該当しています。
そのため、事件や事故が起きてしまっても、被害者側が重傷を負っても死亡していない住宅は当然ながら除外されます。
通常は住宅内の各居室や水回りのスペースなどが範囲になりますが、アパートやマンションの場合ではベランダや共用スペース、エレベーターも該当するので注意が必要になります。
告知義務と言われる内容がありますが、事件発生から概ね3年間とされており、逆に考えると事件発生から3年間の期間内に人が生活を送っていれば、4年目以降は告知義務は発生しないことも特徴です。
定義に関しては随時更新される可能性はあるので、事故物件の取り扱いにおいては最新の決まり事を確認することも必須ではないでしょうか。

事故物件の買取には告知義務がある

自然死・孤独死などの心理的瑕疵を持つ事故物件を売却する際には、売主に「告知義務」が発生します。
この告知が必要となるのは、どのような場合でしょうか。
まず安心してほしいのは、老衰や病死などの日常生活における死は開示する義務がありません。
事故物件となり、義務が発生するのは「自殺・他殺・火災による死亡」です。
加えて自然死または孤独死であっても「発見が遅れ死体の状態が著しく損傷していた」ケースは、伝える必要があります。
国土交通省によって決められたのは、賃貸契約の場合は3年以内はこの義務が発生し続けるということです。
これが売買契約となると、義務発生の期間は無くなりません。
事故物件の売買は、必ずその起きた事件内容と時期、場所を明らかにすることが必須となるのです。
これに違反した売主は、買主から損害賠償請求を求められることになります。
さらに慰謝料の支払いも発生するので、隠蔽工作は意味がありません。
事故物件である場合は、しっかりと内容を伝えることが売却への近道となるのです。

事故物件の買取に関する法律を見ていこう

事故物件を売却する場合には、一体どのような法律があるか気になるところです。
この法律に関しては、事故物件を扱う会社にお願いをしておけば特に調べる必要はありません。
ただ、最低でも理解しておきたいのは必ずそのような規則に基づいて物件を扱っていることを知っておくことであり、それを無視して行うことができないと言うことです。
法に関しては、様々な種類がありますが、これは専門家が知っていれば良いと言う話ではありません。
あまり詳しい事は知らなくても良い上に、それを使える必要ありませんがそれに基づいて行っている事は絶対に理解しておいた方が良いです。
つまり、法に違反するようなものは、取引を行うことができません。
では事故物件はどうかと言えば、特に法に違反すると言うものではありません。
ただし、物件を取り扱っている不動産会社は、相手に対して報告義務があります。
例えばそこで自ら命を断った人がいる場合にはその報告を購入者側にしなければいけないと言うことです。
正確に言えば、購入者側と言うよりも購入希望をしている人にしなければいけません。
購入する側も、金額が安くなっているため不思議と思いますので、ある程度織り込み済みの可能性も高いです。

事故物件の買取価格の相場はどれくらい?

事故物件は普通に売却するようなことが難しいので、買取サービスを利用することが多くなると考えられます。
事故物件の買取の相場は数百万円から数千万円程度ぐらいになってきますが、当然ながら建物の状態などによって大きな違いがあります。
事故物件に関係なく通常の物件でも、立地条件や建物のクオリティなどで買取価格には違いがあり、基本的に駅から近くだったり広い住宅だったりすると買取の相場も上がっていくはずです。
事故物件の場合も似たような感じで立地条件などで変動をするのですが、どのような流れでそのような物件になったのかも重要なポイントになってきます。
誰かが亡くなってしまったことには違いはありませんが、高齢者が孤独死をして死体が放置されていたような場合と、殺人事件で被害者が殺されているような状況ではかなり違いがあります。
自然死のほうが価値が落ちにくいような特徴がありますし、事件の場合はどのような事件なのかでも買取価格に影響を与えるはずです。

事故物件に関する情報サイト
事故物件買取の基礎知識

こちらのサイトは、近年身近な存在になりつつあるといわれているいわくつき物件でもある事故物件の買取に関しての基本的な知識を分かりやすく解説することにしましょう。仲介業者の場合は、一般的なお客さんが対象になるのでいわくつき物件は流通が難しいのですが、このような不動産を専門にしている業者も存在しており一般的にはこのような会社に売却するケースが多いのです。また、仲介業者の中には特殊な物件も得意にしている会社もあるので相談されると良いでしょう。

Search